神様へのお供え物だった餅が今では非常食に

年末行われる日本の風物詩に「餅つき」があります。

正月に飾られる鏡餅をはじめ、新年は餅に触れる機会が増えますが、そもそも餅はどの様に誕生し、どのように日本の文化に溶け込んできたのか知っている方は少ないと思います。

奈良時代初期の風土記には、餅が白鳥と化すエピソードが記されていることから、奈良時代には餅が普及していたことが分かります。

稲作が中国から日本へ伝来した際に、稲作信仰も一緒に伝わり、餅つき文化が日本にも定着したと考えられています。

餅には2種類あり、もち米を蒸し、臼に入れ杵でついてできた餅を「搗き餅」と言い、穀物の粉に湯を加えて煉り、蒸したものを「練り餅」と言います。

日本で食されている餅は、搗き餅を指す場合がほとんどです。

元来、餅は神様にお供えする食べ物で、歳神様はお供えされた鏡餅に宿ると考えられていました。

現在ではマッチ箱程の大きさのお餅1つでお茶碗1杯分のカロリーがあることから、災害時の非常食としても重宝されています。

縁起物で非常食にもなり、色々な味付けで楽しめる餅は、正月の顔と言っても大げさではないでしょう。お金 急ぎ